メンツ的に落とせなかったレース

盛岡競馬場で行われたダートG1のマイルチャンピオンシップ南部杯は圧倒的1番人気のベストウォーリアが2番手追走から直線楽に抜け出してG1初制覇となりました。2着に逃げ粘ったポアゾンブラック、3着にアドマイヤロイヤルというJRA勢が5着までを独占する結果になりました。

有力馬がいない中、終始逃げ馬をマークしていたベストウォーリアですが、ここでは力が違った印象を受けました。最後の直線もほとんど戸崎騎手が追うことはせずに馬なりで圧勝と本当にG1レースなのかというくらいの内容でした。
地方勢ではナムラタイタンが馬券に絡むかなと思っていたのですが、思いのほか迫ることが出来ずに惨敗と中央と地方の力の差がまた開いたのではないかと痛感しました。

ベストウォーリアの今後はJBCになるか、チャンピオンズカップになるのかはわかりませんが、ダート一線級との戦いではなかったので、ホッコータルマエやローマンレジェンド、ワンダーアキュートを倒してようやく認められるのではないでしょうか。
ミュゼ 富山県